KESEN ROCK FESというフェスがあります。

去年まで3回開催しているフェスで、朝の8時半から夜の21時までずっとロックが鳴り止まない、頭がおかしいんじゃないかと思えるほど最高のフェスです。出演したアーティストはみんな、ここへ帰って来るのを楽しみにします。きっと、自分が自分のままでいられる場所だからなんじゃないかと思います。

そのフェスが今年は開催されません。
理由はただ一つ、「東日本大震災」の被災地だからです。
気仙地方というのは、「大船渡市」と「陸前高田市」と「住田町」の3つのエリアを総じて呼ぶものです。ご存知の通り、大船渡と陸前高田は津波の被害が大きかった場所であり、未だ復興のメドが立たない状況の中に住民はいます。フェスのスタッフの中でも家屋が流された人は存在し、彼らは明日への不安と闘い続けながら、戸惑いの中で何ヶ月も過ごしています。言うまでもなく、そんな状態の中で彼らがフェスを立ち上げるのは不可能です。もっと他に立ち上げねばならないもの、復興や復旧せねばならないものが山積みだからです。

ここに有志が集まり、「KESEN ROCK TOKYO」というチームを発足します。目的は一つ、「来年、KESEN ROCK FESを再び地元の有志に開催してもらう」ためのものです。あのフェスを失いたくない、あのフェスからもう一度喜びと幸せを味わいたいと思い、このチームの発足を決めました。地元のスタッフから聞いたところ、彼らは2000万円ほどのお金を使って、このフェスを運営しているそうです。ならばKESEN ROCK TOKYOでその2000万円のお金を集め、来年のフェスを開催する後押しをしようと思います。具体的に来年、どこまで街が復興しているのかは今はわかりません。だから来年、どの規模でKESEN ROCK FESを開催できるのかも、今はまだ想像もつきません。しかし、来年の夏に気仙地方の街々が祭りを求める状態になった時に、KESEN ROCK FESがロックと共にその役割を果たせれば、音楽ファンとしても最高のことなんじゃないのかなと思っています。

具体的には8月2日より毎月、新代田にあるFEVERというライヴハウスにてイベントを開催します。このイベントのチケット代は、PAや照明などの制作コスト以外、すべてフェス復活支援金とさせてもらいます。
そして今後は募金も募らせてもらいます。今後は具体的に2000万円集まるまで、いろいろな形で皆様からの支援を呼びかける覚悟でいます。
集まったお金に関しては、内容含めてガラス張りを心がけます。具体的に2000万円からのカウントダウン方式でお知らせしたいと思っています。

あそこにはロックだけが描く事が許された、バカ正直な天国があります。
その天国を幻にしないために、一緒に協力してください。

KESEN ROCK TOKYO